圖片標題
曲がり角121
元明德12-1号
1949年に中華民国政府が撤退すると、数百万人の兵士や民間人が海に出て台湾に上陸しました。これが眷村物語の始まりでした。眷村は住む場所だけではなく、無数の物語や文化のキャリアでもあります。本館は元の眷村から「カルチャーサロンスペース」になり、歴史的な遺物、眷村の昔の物、図書閲覧、マルチメディア放映室を使ったり、軍眷の過去が体験できるようになりました。