圖片標題
眷村倶楽部
元明德4号
左営の多くの眷村は軍事管理区域であることが計画されています。眷村に出入りするには居住許可が必要です。眷村の内部と外部は2つの世界のようでありますが、眷村の生活と娯楽は外部ほど単調ではありません。中には「四海一家」、「中山ホール」和「中正ホール」など、重要な社会空間があります。軍事的特性により、それぞれ異なる文化があり、活気あふれる風景となっています。

この建物は、「左営の二・三つのこと」をテーマに、台湾に来た後の芸術と生活を展示し、昔からここに住んでいた住民は思い出と名誉に満ちています。 入り口は、居住許可を確認したり、軍眷の訪問者を待ったりするための歩哨所があります。その後には眷村での生活に必要なものを100点見ることができます(左営軍眷眷補證-毎月配る食物の引き換え券)。歩哨所を渡ると、海軍の重要な社会空間が見えます。また、眷村時代には、当時の台湾の有名な文学家(洛夫、瘂弦、張默)、三人の《創世紀詩集》は米軍コンサルタントによって台湾に持ち込まれたアメリカのクラブ文化、軍事映画芸術、軍事文学の雰囲気を表現しています。