圖片標題
眷村時代館
元明德2号、3号
第二次世界大戦後、左営軍区は中華民国海軍に引き継がれ、第3海軍軍区になりました;1949年(中華民国38年)、中華民国政府は中国本土から撤退し、左営軍区は第1軍区になりました。 一緒に連れてきた海軍とその家族は「漂流」と呼ばれています。この時期を振り返ると、台湾は国民党と共産党の敗北、朝鮮戦争の勃発、米国の再支援などの歴史的な出来事がありました。わずか数年で環境は劇変し、海軍と軍眷は漂流しざるおえません。

この建物は、かつて日本の中曽根康弘首相が住んでいた「明德2号」でした。「逆転1949」をテーマにしており、中字艦を乗り、荷物を連れて眷村に住んでいるシーンに人々を引き戻しました。展示眷村にはリビングルーム、ダイニングルーム、キッチンがあり、灰皿、メダル、古いスーツケース、身分証明書、撤退する時に着用するセーター、砲弾で造られた米びつ、練炭、野菜を漬けるための廃物鉢などが展示されています。この生活品はさまざまな記憶と生活の痕があり、過去偉大な時代を反映しています。