圖片標題
眷村・時代の流れ
元明德11号
この建物は、台湾と中国本土の比較を示すために「二つの空」を比喩して使いました。国民党共産戦争後、「反共産主義と反ロシア」というスローガンを唱え、本土の反撃の目標を宣伝しました。「台湾の解放」と文化革命に対抗するため、文化ルネサンス運動を促進しました。これらのスローガンは、心戦争の宣伝、文化革命、文化ルネッサンス運動などの文化的差異を含めて、当時眷村でよく見ることができます。2017年、政府は人権活動を促進するために正義政策を執行しました。過去に不適切に人権を侵害した関連当事者を救済し、起訴することをしました。

「後眷村時代:竹垣からビル」は、左営眷村の復興と旧依存村の活性化などのトピックが展示され、眷村は都市開発の過程で一歩踏み込んだ影響を受けました。空いでいた眷村は徐々に管理不能な「都市景観」になりました。眷村を保存するために、近年では「住居保護」などの推進し、眷村を文化館になりました。眷村を愛し、理想を持ち、人生を愛し、眷村の豊かな生活と住居機能を継続する人々を募集します。館内の特別なARメガネをかけ、新旧の比較写真を見ることができます。